FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
私のオススメ本の紹介
こんにちは(^O^)

今日は私が今まで読んだ中で
一番気に入った本の紹介をします

A Pale View of Hills

新品価格
¥1,094から
(2013/2/26 14:53時点)




『Kazuo Ishiguro』氏著
「A Pale View of Hills」です。

これは、私が卒業論文のテーマに扱った作品なのですが、
とにかく不気味で気味の悪い内容となっています(いい意味で)

彼の作品全体に言えることですが、
シンプルな文体で書かれているので
とても読みやすいです。


あまり書くと内容を語ってしまいそうなので
今日はこの辺で失礼します。

スポンサーサイト
[2013/02/26 15:08] | リーディング学習法(多読) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
これだけは知っておきたい! 多読のやり方3つのポイント
こんにちは(^・^)

PS4が発表されましたね。
完全互換(異なる機種間で、同じ機能を利用する際に、
ハードウェア的にも ソフトウェア的にも変更を一切必要としない)
が話題になっているようですが、

調べてみると、PS3向けゲームをダウンロードできるものの、
PS3のソフトは使えないようです。

ちなみに私はDS派ですが(笑)


では、私が日頃から心がけている

多読のやり方 3つのポイント

について紹介します。


1.辞書をひかずに読むように心がけよう

わからない意味が出くるたびに辞書をひいていると
その都度読むのを中断しなければなりません。

これでは、多読の目的である
「素早く英文を読み、意味をつかむ力をつける」ことが
できなくなってしまいます。

意味の分からない単語が出てきても
前後の文脈から
意味を推測して読み進めていくようにしましょう。

そうすることで
試験本番に意味の分からない単語が出てきても焦らずに、
意味を考えながら読んでいくことができるので
大きなタイムロスになることはありません。

どうしても意味が気になる人は、
鉛筆でチェックをひいておき
一区切りついたところで
まとめて調べるようにすると良いです。


2.スラッシュリーディングをしよう


スラッシュリーディングとは、一文の中で意味が切れる箇所に
/を入れながら読んでいくという方法です。


例えば、私はブログの記事を書くときに
多くの改行を入れていますが、
これは、何も考えず適当に入れているわけではなく、
意味の切れるところで改行しているのです。

これと同じ感覚で、
英文を読むときに/を入れていくことになります。


2.の上の一文でスラッシュリーディングをすると、

どうしても意味が気になる人は/鉛筆でチェックをひいておき/一区切りついたところで/まとめて調べるようにすると良いです。

といった形になります。


この/の位置に、絶対的な正解はないので、
神経質になる必用はありません。

上の文だって、人によっては

どうしても/意味が気になる人は

という形になると思います。

大事なのは、
意味のまとまりで読んでいくクセをつけていくことです。


3.気づきを大切にしよう


英文を読んでいくと、最近自分が覚えたばかりの単語や熟語、
文法がでてくると思います。

それらを見て、「あっ、わかる」とか
「これこの間、覚えたばかりだ」などと
思うことで記憶の定着をはかることができます。

これは、「習ったことがでるかもしれない」と思う
ちょっとした心構えでできることなので、
是非試してみてください。



今あげた3つのポイントは、
どれもほんの少しの工夫をするだけです。

ですが、このちょっとした工夫が
学習の能率を大きく変えていきます。



多読を通して
私とみなさんが、「読む力」を
大きくつけることができれば
こんな素敵なことはないと思います。


明日は日曜日ですね、
それではみなさん、
良い週末を( ^^) _U~~







1ヶ月間、2,100円で受験し放題のオンラインTOEIC模試。
[2013/02/23 17:29] | リーディング学習法(多読) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
多読のための本選び、3つのポイント
おはようございます!(^^)!


みなさん、サザエさんに娘がいたことを
知っていましたか!?

サザエさんの原作者「長谷川町子」さんが60年程前に
「サザエさん一家の未来予想図」という本を出版しているそうです。

10年後の磯野家について描かれたこの本の中に、
「ヒトデちゃん」という娘が登場しているのです。

テレビではみんな歳をとらないので
ヒトデちゃんが出てくることは
難しいかもしれませんが
ぜひ一度テレビでお目にかかりたいものです。



それでは、

多読のための本選びの3つのポイント

をお伝えします。



1.自分にあった素材を選ぶ

タイトルでは「本」という言い方をしましたが、
本でなくても、英字新聞でもよいのです。

また、本でも、小説だけでなく、
日本のマンガを英訳したものもあります。


私も実際に、『One Piece』の英訳版を
読んだことがありますが、
原作を読んで、内容を知っていたので
すらすらと英語を読み進めていくことができました。

One Piece Vol.1: Romance Dawn (One Piece Series)

新品価格
¥645から
(2013/2/22 11:05時点)




多読を始めたころは、英字新聞だとあまりにも
ハードルが高いので、マンガや小説をおすすめします。


2.自分の好きなジャンルを選ぶ

当然のことですが、楽しくないことを続けるには、
根気がいります。

多読についても同じことが言えます。

だから、読む本を選ぶ時は
自分の好きなジャンルの本を選ぶようにしましょう。

例えば、ホラーが好きな人はホラーを、
ファンタジーが好きな人はファンタジーを選ぶなど、
難しく考えずに、好きなものを選べばいいのです。


3.自分のレベルにあったものを選ぶ

小説といっても、難しい単語が多く書かれたものから、
比較的やさしい英語で書かれたものと、
内容な様々です。

次回の更新で詳しく書きますが、
多読の理想は、辞書をひくことなく読んでいくことなので、
最初のうちは、
少し簡単すぎると思うくらいのものがいいです。

Amazonの購入画面で
Kindle(本をダウンロードできる、電子書籍リーダー)
を持っている人は中身を閲覧することができるので、
読んだ上で購入を決めると良いと思います。


Kindleを持っていない人でも、
購入者のレビューを読めば、
読みやすいのか難しいのか
書いてくれている人がいるので、
それを参考に購入を決めていけば良いです。

Amazonへはこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


さて、本を選ぶ際のポイントも分かったところで
いつ多読を始めるか……

今でしょ!!


[2013/02/22 11:49] | リーディング学習法(多読) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
長文問題を素早く解けるようになる学習法のご紹介
こんにちは(^O^)

昨日、侍JAPAN代表メンバーが発表されましたね。
村田選手、浅尾選手が外れていたのは残念ですが、
選ばれた選手には3連覇目指して頑張ってもらいたいです。


では、早速
長文問題を素早く解けるようになる学習法を紹介します。
それはズバリ『多読』です。

多読とは文字どおり、
多くの本を読むことです。


TOEICを受けた経験がある人は分かると思いますが、
TOEICは試験時間に比べて、
長文の問題量が非常に多いです。

みなさんのなかには、
時間内にすべての問題を解くことができなかったという
苦い経験をしたことがある人もいると思います。
(私もそのうちの一人です)


時間内にすべての長文を読むことができないのは、
『日頃から、多くの英文を読むことに慣れていない』からです。


過去問や模擬試験で長文問題を解いた後も、
文中に出てきた単語や熟語を覚えることに
時間を使ってしまい、
「読む」という学習ができていないのではないでしょうか?

このように、不足しがちな「読む力」を補うために
多読は、大変効果的な学習方法です。


多読は、本さえあればできるので
電車やバスなどの移動中や
喫茶店でコーヒーを飲みながら、
また、寝る前に横になりながらなど、
いつでもどこでもできることが魅力的です。


今は、ネットショッピングが普及しているため
Amazonなどのサイトを使えば
簡単に洋書を手に入れることができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



洋書というと難しいイメージがあって、
敬遠しがちですが、比較的簡単な英語で
書かれたものもありますので、
ぜひ一度多読に挑戦してみてはいかがでしょうか?


最近ブログを始めてから、
検索急上昇ワードを検索する機会が多くなりました。
これが意外と楽しいです。

俳優の要潤さんがご結婚されるそうですね。
おめでとうございます(#^.^#)
[2013/02/21 11:49] | リーディング学習法(多読) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。